Pocket

皆さんこんにちは!Lindsayです。りんじーって読みます。

2月1日(金)に公開の映画「メリー・ポピンズ リターンズ」。あの名作映画が50年以上ぶりの続編が公開されるということで、1月23日に行われたジャパン・プレミアに行ってきました!

「メリー・ポピンズ リターンズ」/エミリー・ブラントが来日!

品川プリンス ステラボールで行われたジャパンプレミアでは、主演を務めたエミリー・ブラントがゲストで登場しました。

ジャパンプレミアが始まってすぐ、平原綾香さんが吹き替え版のエンドソング「幸せのありか」を歌いながら登場しました。平原さんは吹き替え版でメリー・ポピンズの声を担当されているのですが、あまりの美声にうっとりしました。続いて、吹き替え版でマイケルの声を担当した谷原章介さんも登場。

そして、来日中のエミリー・ブラントがいよいよ登場しました。黒いセクシーなドレス姿のエミリーはとっても美しくて、日本で和食を食べるのがとっても楽しみとインタビューに回答するほど、初の来日を心から楽しんでいる様子。

10秒間だけ撮影許可が出て、必死で撮りました!(平原さんの顔が隠れてしまってる泣)

ジャパンプレミア終了後、日比谷ミッドタウンのTOHOシネマズに移動し、「メリー・ポピンズ リターンズ」を鑑賞しました。映画の魅力をエミリー・ブラントにたっぷり語ってもらった直後にスクリーンで観れるなんて、なんて贅沢なんでしょう!

「メリー・ポピンズ リターンズ」/あらすじ

1964年に公開された「メリー・ポピンズ」は、空からやってきた主人公の乳母(ナニー)、メリー・ポピンズがロンドンの一家にやってきて、周りの人々に不思議な体験をもたらしていくというファンタジー映画。アニメ、実写、ミュージカルの要素を大胆にミックスし、独特な世界観でアカデミー賞を5部門も受賞した作品です。 そんな名作公開から50年以上が経ち、ついに続編としてカムバックを果たしました。

舞台は大恐慌時代のロンドン。前作からおよそ25年が経ち、すっかり成長したバンクス家の長女ジェーンと長男マイケル、そしてマイケルの3人の子供たちは不況のあおりを受け、希望を失っていました。そんな彼らのもとに、スーパーナニー、メリー・ポピンズが空から再び現れます。 彼女は、不思議な魔法と友人ジャックの助けを借りて、彼らが失っていた喜びや希望を取り戻すお手伝いをすることとなるのでした。

「メリー・ポピンズ リターンズ」/ネタバレあり感想

※ここからはネタバレが含まれます※

3人の子どもを持つシングルファーザーのマイケルは、大恐慌のあおりを受けて切羽詰まった日々を過ごしていた。遂には、持ち家を手放さなければいけない危機に直面します。

そんな時、凧で遊んでいた息子たちの元に、メリー・ポピンズが現れ、住み込みで子どもたちの世話係をすることになります。そこから、マイケルと家族の状況が少しずつ変わっていくという、ポジティブなストーリー。メリー・ポピンズならではの、実写とアニメーションを交えながらの映像は圧巻でした。

3人の子どもを持つお父さんになったマイケルが、大人になって失くしてしまったものを、メリー・ポピンズが教えてくれる物語。どんなに辛く苦しい状況であっても、絶えず希望を持ち続けることの大切さに気づけたのは、彼女の愛のある導きのお陰です

キャストについては、ジャックを演じたリン・マニュエル・ミランダは、とてつもない存在感を放っていました。彼について少し調べてみると、ピューリッツァー賞、グラミー賞、エミー賞、トニー賞に輝いた経歴の持ち主。映画「モアナと伝説の海」の主題歌、’How Far I’ll Go’を手がけたのも彼。音楽プロデューサーの顔も持つ、多彩なパフォーマーです。

‘A Cover Is Not the Book’

子どもの頃は信じていても、大人になると忘れてしまうこともたくさんあると思います。目の前にある幸せに気付かずに生きていては勿体無い!毎日の生活での些細なことに幸せや喜びを感じることができれば、それ以上に素晴らしいことはない。と、メリー・ポピンズは教えてくれました。

観ると心にハッピーが湧き、「明日からも頑張ろう!」と、背中を押してもらえる作品です。去年、「プーと大人になった僕」を鑑賞した後に感じたような気持ちになりました。

1作目を観てから鑑賞する方が、より理解できると思います。ぜひ映画館で、メリー・ポピンズの魔法にかかってみて下さいね。

「メリー・ポピンズ リターンズ」/予告編

「メリー・ポピンズ リターンズ」/作品情報

題名:「メリー・ポピンズ リターンズ」(原題:Mary Poppins Returns)

公開日:2019年2月1日(金)

監督:ロブ・マーシャル

製作:ジョン・デルーカ、ロブ・マーシャル、マーク・プラット

出演:エミリー・ブラント、リン=マニュアル・ミランダ、ベン・ウィショー、エミリー・モーティマー、ジュリー・ウォルターズ他

「メリー・ポピンズ リターンズ」公式HP

それではまた次の記事でお会いしましょう!See you soon!

Lindsay.

Pocket

コメントを残す