the sinner
Pocket

みなさんこんにちは。Lindsayです。りんじーって読みます。

今回は、Netflixで人気のドラマ「The Sinner 記憶を埋める女」のあらすじ&登場人物&感想を書いていこうと思います。全8話完結のクライム&サスペンスドラマで、主演はジェシカ・ビールが務めています。

The Sinner 記憶を埋める女 あらすじ

夫と息子の3人で暮らす主婦コーラ。平凡で幸せな生活を送っているが、ある日、コーラは夫と息子とともに湖畔のビーチへ遊びに行く。そこで近くに座っていたカップルが音楽を流したことをきっかけに、コーラはそのカップルの青年フランキーを何かに取り憑かれたかのように、持っていた果物ナイフでメッタ刺しにして殺してしまう。

逮捕されたコーラは素直に犯行を認めるものの、動機に関しては自分でもわからないと口を閉ざす。警察は自供もあるので衝動殺人で簡単に処理しようとするが、刑事のハリーだけはコーラがフランキーを殺した理由を探ろうと動き出す。ハリーが捜査を進めていくにつれ、コーラの失われていた過去が明らかになっていく・・・

The Sinner 記憶を埋める女 登場人物

the sinner

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公のコーラ・タネッティ(ジェシカ・ビール)

カトリック教の家で生まれ育った。幸せな家族に見えたが、湖畔で男をナイフでメッタ刺しにして殺してしまうことから、生活は一転。夫にも見放される。

私生活はジャスティン・ティンバーレイクの奥様です。羨ましい。

 

コーラの夫、メイソン(クリストファー・アボット)

お母さんが大好きで仕方がないマザコンメイソンは、妻の突然の行動に戸惑うばかり。

ヒゲが格好いいですね〜!

 

THE SINNER

刑事のハリー・アンブローズ(ビル・ブルマン)

コーラの動機を調べるために過去に迫る刑事役。鋭い感覚を持っている。妻との関係が破綻しそうで、他の女とアブナイSMプレイの関係を持つ一面も。でも妻を愛している。

どこかで見たと思ったら、「インデペンデンス・デイ」や「エージェント・ウルトラ」に出演していたあの人ではないか!

ビルさんは、プライベートで自宅近くにある希少果物の保護などをするために夫人とともに果樹園の共同経営者もしているそう。

 

ネタバレあり感想

序盤は「?」だらけで何のこっちゃ訳が分からない事だらけですが、スピード感がちょうど良いクライム&サスペンスドラマです。これほど衝撃的な始まりって他にありますかね…。第1話の前半に、男性がメッタ刺しにされて即死するというオープニング、斬新でした。主人公のコーラは突如として幸せな家族から一転します。何もかも失ってしまったコーラの不幸顔は癖になります。

コーラの発言が2転3転するので少し疲れますが、徐々に真実が明るみに出始めてからはイッキ見してしまいました!コーラの過去に何があったのか?家族はどうなったのか?空白の時間に何が起こったのか?その全てが点と点が繋がって線になっていく感じが良かったです。

第2話くらいで、ハリー刑事が例の音楽をかけながらコーラに尋問した時にコーラが刑事を7回殴って、その位置がフランキーを殺したときに刺したところと完全に一致した場面とか、後から「あー!そういう事だったんだ!!」と納得。序盤の「?」は全て回収されるのでご安心を!

最後の終わり方も綺麗でしたね。クライマックスまで先が読めずにドキドキ感を味わえました。

人殺しをしたにも関わらず、罪があそこまで減刑されたのには正直疑問が少しだけ残りますが笑、自分のせいではなく、環境や家族などの外的要因からその人格が形成されてしまったコーラが少しでも報われて本当に良かったです(´;Д;`)

 

ジェシカ・ビールの演技力の高さについて

そ主人公を演じたジェシカ・ビールについてですが、確実に彼女のキャリアに多大な影響を与えた作品になりましたね。どこか「ジャスティン・ティンバーレイクの妻」的なイメージが強い彼女ですが、演技派だということを見せつけた作品だと思いました。

調べてみると、彼女はこの作品で2018年の第70回エミー賞のリミテッドシリーズ/テレビムービー部門の主演女優賞にノミネートされていますし、「The Sinner 記憶を埋める女」の放送局、USA局のクリス・マッカンバー社長は、「『The Sinner』はUSA局にとって大きな成功となりました」と本作を評価したそうだし、クオリティが高いドラマだということが証明されましたね。

ジェシカ・ビールの女優魂をひしひしと感じた作品でした。

(同一人物とは思えない…!!)

それにしても、ハリー刑事は頑張った!彼がコーラに真摯に向き合ったからこそ、この事件は解決に向かいましたね。

 

シーズン2の制作が決定!

「The Sinner 記憶を埋める女」のシーズン2で主演を務めるのは、女優のキャリー・クーン。「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」では、ワシントン・ポスト社説編集メグ・グリーンフィールド役を演じていました。

米メディア、ハリウッド・レポーターによると、シーズン2ではアンブローズ刑事役のビル・ブルマンが再び出演。アンブローズ刑事の故郷であるニューヨーク郊外の町に戻り、11歳の少年が両親を殺害した事件を担当しながら、少年の特異な生い立ちとこの町に潜む驚くべき秘密が明らかになる、というストーリーだそうです。

どうやら「The Sinner」シリーズは、アンブローズ刑事の解決事件簿として続いていくようですね。シーズン2でも複雑な生い立ちで育った少年がテーマということで、シーズン1と似ているテイストになるのではないかと期待しています。

アンブローズ刑事の性癖の件は未解決なので、それがクリアになるまで「The Sinner」は続くということでしょう。笑

シーズン1で制作総指揮と主演を務めたジェシカ・ビールは、シーズン2には出演せず、引き続き制作総指揮を務めるそうです!

 

今回は、ネトフリおすすめドラマ「The Sinner 記憶を埋める女」について書きましたが、いかがだったでしょうか?ショッキングな始まり方をするドラマですが、じわじわとハマる面白いドラマなので、ネトフリ会員の方は是非観てみて下さいね(*・ω・)ノ

ではでは!

Lindsay

Pocket

コメントを残す