Pocket

みなさんこんにちは。Lindsayです。りんじーって読みます。

今回のブログでは、新しくコラムを書かせてもらうことになったウェブサイト「NYPG(ニューヨーク・ポイント・ガイド)」を紹介します。現在は、TV GrooveコスモポリタンForbesジャパンで海外エンターテイメントのコラムを書かせて頂いていますが、「NYPG」では、「ニューヨークを舞台にした映画や海外ドラマ」のコラムを執筆させて頂くことになりました。

NYPG(ニューヨーク・ポイントガイド)とは?

初めてニューヨークへ旅行や留学に行かれる方向けのウェブサイト「NYPG」には、ニューヨークに関する情報が詰まっています。パスポートの申請方法やESTAの申請の手順、フライトチケットの予約サイトから、おすすめの観光地やレストランまで、細かく紹介されています。

NYPG(ニューヨーク・ポイント・ガイド)

基本的な情報はもちろん、ブルックリンのフリーマーケットやマンハッタンにある大人気の屋台の情報まで、NY在住の人しか知らないコアな情報や有益なニュースが盛りだくさんなウェブサイトです。

私は約5回ほどニューヨークに旅行に行ったことがありますが、もし初めてニューヨークに一人旅をするとしたらこの記事はチェックしておきたいな、と思うNYPG」の必須な記事をピックアップしてみました。これらをチェックしておくと慣れない街でも心配なく楽しめる心強い味方です。

NYPGおすすめ記事①ニューヨークへの旅費を最大限に抑える方法

飛行機代にホテル代、食費や観光費やお土産など、ニューヨーク旅行は何かとお金がかかってしまいますよね。この記事では、ニューヨーク旅行で必要な旅費を少しでも節約したいという人におすすめな、オンラインサービスを使った旅費節約術が紹介されています。お得に賢く旅行のプランを立てたい人は必見です!

NYPGおすすめ記事②ニューヨーク旅行者はダウンロード必須のアプリまとめ

ミュージカルの格安チケットを探せるアプリや配車サービスのアプリ、チップを計算してくれるアプリなど、これさえ持っていれば安心なアプリが紹介されている有益な記事です。日本での車移動はタクシーが一般的ですが、ニューヨークではUberやLyftなどの配車サービスが主流です。

NYPGおすすめ記事③命の次に大切なWi-Fiレンタル

初めてニューヨーク旅行に行く時、Wi-Fiさえあれば安心できます。ニューヨークは日本よりもWi-Fi環境が整っているものの、わざわざWi-Fiを求めてカフェに出向く…というのは不便すぎるし、パブリックWi-Fiはメールアドレスを登録しないといけなかったり、貴重な時間が勿体無いですよね。

そんなニューヨーク旅行に必須のWi-Fiについて詳しく書かれている記事はこちら。格安でレンタルできるWi-Fiがあれば、旅行中でもサクサク検索しながら楽しめます。

「NYPG」では他にも為になる記事がたくさんあるので、ニューヨークに行かれる方は必見です。私が連載するコラムでも、ニューヨーク旅行を更に楽しめるような記事にしたいと思っています。

ニューヨークの旅の思い出

このブログを書いていたら、私が初めてニューヨークに行った時のことがとっても懐かしくなったので、昔の写真と一緒に振り返ってみたいと思います。

@セントラル・パーク

初めてニューヨークに行ったのは、まだ19歳の時でした。小さい頃からアメリカに漠然とした憧れがあった私は、初めてアメリカに行けることにとってもワクワクしていたのを覚えています。旅行ではアメリカに旅行中のバイトの先輩と現地で合流しようと計画を立てていたので、東京からニューヨークまで一人で行き、先輩が泊まっている日本人専用のホステルで待ち合わせをしました。

マンハッタンに着いてすぐ、トラブルが起こりました。JFK空港に着いてタクシーでタイムズスクエアに向かい、そこから電車でホテルに行こうとしましたが、スーツケースの鍵が開かなかったのです!!

先輩が泊まっているホステルの住所は、スーツケースの中のパソコンの中。とりあえず、近くにいた警備員さんに「ハサミはどこで買えますか?」と聞き、スーパーまで走ってハサミを購入。Wi-Fiが使えるスターバックスに避難し、大胆にスーツケースのファスナーの布の部分をハサミで切り込み、ようやくパソコンを出して、住所を調べました。

スーツケースの鍵が壊れてしまうトラブルはよくあるそうですが、その頃は英語も拙いし、パニックになりかけたのですが、なんとか目的地に到着することができました。土地勘もないニューヨークでこんなトラブルに遭ってしまいましたが、今思うと、「なんとかなる精神だった自分、度胸あったな!」と思います。(ちなみに、この時に宿泊したのはI Love Dormitoryという格安ホステルでした。まだあるのかな…。)

この写真は、滞在中にタイムズスクエアで話しかけられた人たちと撮った写真。私が右手に持っているCDは、自称ラッパーの彼らに「あげるよ!」と言われて受け取ったもの。そしてこの後、「CDはタダであげるからチップをよこせ!」と脅され、20ドルを渡してしまう結果に…。笑 ニューヨークの旅行者がよく引っかかる手口だそうです。

こちらは、今はもう取り壊されてしまった「5 Pointz(ファイブ・ポインツ)」という場所。古い建物の一面にストリートアートが描かれていて、映画「グランド・イリュージョン」のロケ地にもなりました。

この付近は治安が悪く、絶対に日が昇っている間に行かないと危ないと聞いていましたが、行って大正解でした。ラッパーNasの顔とリリックがペイントしてあったり、近くにスケーターがいたり、ニューヨークのストリートカルチャーを肌で感じることができました。

他にも、ニューヨークにはたくさんの思い出や出会いがあって、大好きな街です。今後「NYPG」では、映画や海外ドラマが好きな方たちが、ニューヨーク旅行を更に楽しめるような記事を書いていくので、チェックしてみて下さいね。

それではまた次回のブログでお会いしましょう。See you soon!

Lindsay.

Pocket

コメントを残す