the-boys-amazon-prime
Pocket

皆さんこんにちは!Lindsayです。りんじーって読みます。

今回のブログでは、私が先日ハマって一気に見てしまった海外ドラマ「ザ・ボーイズ」の登場人物を紹介したいと思います。

「ゴシップガール」のネイト役のチェイス・クロフォードや「ショーン・オブ・ザ・デッド」などで知られる愛され俳優サイモン・ペグ、そして「スーサイド・スクワッド」にも出演した日本人俳優の福原かれんなど、キャストにも大注目のドラマです。

アマゾンプライム会員は必見!それでは早速、ドラマ「ザ・ボーイズ」の登場人物を紹介したいと思います。

「ザ・ボーイズ」のあらすじ&感想はこちら!

アマゾンプライムで配信中の海外ドラマ「ザ・ボーイズ」のあらすじ&感想。大人向けの過激なヒーロードラマが誕生!

「ザ・ボーイズ」/登場人物

ドラマのタイトルにもなっている「ザ・ボーイズ」とは、悪事を働くヒーローたちと、ヒーローを束ねるヴォート社に立ち向かうチームのこと。以下のメンバーで構成されています。

【「ザ・ボーイズ」のメンバー】

the-boys-amazon-prime

ウィリアム・ビリー・ブッチャー(カール・アーバン)

写真左。元FBI捜査官でザ・ボーイズのリーダー。過去の事件からヒーローを憎んでおり、彼らの悪行を暴こうとしている。目的のためなら手段を選ばないタイプ。

・ヒューイ・キャンベル(ジャック・クエイド)

写真右。最強ヒーロー軍団「セブン」のメンバーであるAトレインに彼女の命を奪われ、ヒーローに復讐を誓う、このドラマの主人公。

はじめは臆病だったはずが、復讐に燃えてからは大胆になっていく。

・フレンチー(トマー・カポン)

the-boys-amazon-prime

銃の密輸業をしている。虐待されていた過去があり、キミコと心を通わせる。

・マザーズミルク(ラズ・アロンソ)

the-boys-amazon-prime

愛称はMM。非行少年たちの保護と更生をしている。彼女との電話を切る際のキス音を周りにからかわれている。いつもフレンチーと言い合いをしている。

・キミコ(福原かれん)

the-boys-amazon-prime

誘拐・監禁をされていたところを、ザ・ボーイズにより救出されたアジア人女性。喋ることができない。人間の能力を覚醒する「コンパウンドV」を投与されたため、身体能力がとても高い。

【最強ヒーロー軍団「セブン」のメンバー】

the-boys-amazon-prime

・ホームランダー(アントニー・スター)

写真中央。「セブン」のリーダー。空を飛ぶことはもちろん、目から出る赤いビームで人を焼き殺すことができ、銃弾をも跳ね返す肉体を持つ。

・クイーン・メイヴ(ドミニク・マケリゴット)

左から3番目。セクシーなコスチュームに身を包んだ、驚異的な身体能力を持つスーパーヒロイン。ホームランダーと意見がぶつかり合うことも。

・Aトレイン(ジェシー・T・アッシャー)

写真右から2番目。世界最速のスピードで移動ができ、怪力も持ち合わせる黒人ヒーロー。第一話ではヒューイの恋人と接触し、命を奪ってしまう。

・ザ・ディープ(チェイス・クロフォード)

写真左から2番目。七つの海の支配者。お腹の部分にエラがあり、海洋生物と会話をすることができる。

演じているのは、「ゴシップガール」で1番イケメン(私調べ)のネイトを演じていたチェイス・クロフォード。(エラがあってもかっこよさは健在!)

・トランスルーセント(アレックス・ハッセル)

写真右。皮膚を炭素系メタ物質に変化させ、まるで透明人間になることができるヒーロー。誰からも見えないことを利用し、女子トイレに忍び込むことが多い。(ただの変態。)

・ブラック・ノワール(ネイサン・ミッチェル)

右から3番目。黒のコスチュームに身を包んだ覆面のヒーロー。シーズン1ではあまり活躍しない。

・スターライト(エリン・モリアーティ)

the-boys-amazon-prime

写真左。ヒーローを夢見るアニーという女性だったが、ヴォート社のオーディションに見事合格し、晴れて「セブン」の仲間入りを果たす。電気を操ることができ、パワーを放つと両目が光るのが特徴。正義感が強いため、ヒーローたちの悪態を知り戸惑う。

【ヴォート社の人間たち】

・マデリン・スティルウェル(エリザベス・シュー)

平和をもたらす最強ヒーローを統括する大企業、ヴォート・インターナショナル社の副社長。子育てをする母親。ホームランダーを担当しているが、彼との間には複雑な関係が…!

・アシュリー・バレット(コルビー・ミニフィー)

ヒーローたちのイメージを世間に伝えるヴォート社の広報。新人のスターライトの対応に追われ、関係がギクシャクすることも。

・ジョナー博士(ジョン・ドーマン)

ヴォートの科学者。ホームランダーを作り上げたが、人格に問題があるため失敗をしたと悔やんでいる。

【その他の登場人物】

・ヒュー・キャンベル(サイモン・ペグ)

the-boys-amazon-prime

ヒューイの父親。ヒューイと共に家電ショップを営んでいる。

・ベッカ・ブッチャー(シャンテル・ヴァンサンテン)

ブッチャーの妻。8年前にとある事件が起き、失踪してしまった。かつて勤めていたヴォート社ではマーケティングを担当していた。

・グレイス・マロリー(レイラ・ロビンス)

ザ・ボーイズの創設者で、元CIA。ブッチャーにザ・ボーイズ結成の話を持ちかけたが、ある事件をきっかけに隠居している。

・メズナー(ハーレイ・ジョエル・オスメント)

the-boys-amazon-prime

相手と握手をすると心を読むことができる能力者。演じているのは、かつて天才子役と呼ばれていたハーレイ君!すっかり大人に成長しました。

・ポップクロー(ブリタニー・アレン)

特殊能力を持つヒロイン。Aトレインの彼女。

 

シーズン1に登場する主要メンバーは以上です。曲者揃いのメンバーですが、シーズン1の最終話ではまさかの展開がありました。ブッチャーの失踪中の妻ベッカには何があったのか?ホームランダーの思惑とは…?段々と真実が暴かれてゆく続編も楽しみです。

「ザ・ボーイズ」のあらすじ&感想はこちら!

アマゾンプライムで配信中の海外ドラマ「ザ・ボーイズ」のあらすじ&感想。大人向けの過激なヒーロードラマが誕生!

 

それではまた次の記事でお会いしましょう!See you soon!

Lindsay.

Pocket

コメントを残す