tokyo-jingumae-orthodontics-omotesando
Pocket

皆さんこんにちは!Lindsayです。りんじーって読みます。

今回の記事のテーマは、私が2015年から始めていた歯の矯正治療について。先日、やっと全ての矯正器具を外し、とっても綺麗な歯並びが完成しました。

ビフォーアフターはこちら!上の3枚が2014年11月で、下の3枚が2019年12月の歯です。

tokyo-jingumae-orthodontics-omotesando

自分でも思いますが、衝撃的なビフォー&アフターですよね。矯正前は前歯2本が出てしまっていて、下の歯もガタガタでした。寝る時に口を開けてしまうのが嫌でたまらなかったです(泣)。

そんな、とっても歯並びが悪かった私も、矯正歯科に通ったことで見違えるほど綺麗な歯並びを手に入れることができました。それでは、私が選んだ「歯の裏側矯正」についてや、私が通っている「神宮前矯正歯科」について書いていきたいと思います。

歯の裏側矯正とは?

私が選んだのは、歯の裏側矯正です。どうしても銀のワイヤーが見える矯正に抵抗があったので、東京で裏側矯正専門のクリニックを探して、明治神宮前にある神宮前矯正歯科にお願いしました。

裏側にワイヤーを装着した時の写真はこんな感じ。まだ下の歯の隙間が目立ちます。

表側の矯正よりも値段がかかってしまうことが多い裏側矯正ですが、矯正していることを気付かれにくいです。私が一番感じたデメリットは、「数週間の間は滑舌が悪くなる」ことです。

これは、歯の裏側に器具が付くことで舌の当たり方が変わってしまうので、どうしても喋り方がお笑い芸人の諸見里だいすけさんみたいになってしまいます(笑)。

とにかく舌が痛くても喋って慣れることで元々の滑舌に戻るので、根気が必要でした。私は当時OLをしていたので、しばらく電話対応ができないほどでしたが、これを乗り越えられればもう苦労はほとんどありません(*^^*)

スターホワイトニング

裏側矯正専門の神宮前矯正歯科

私が「神宮前矯正歯科」というクリニックに決めた理由は、裏側矯正の専門だということと、従来のものより小さい器具を使ってくれるからです。

矯正始める前に親知らずを抜歯しなければいけないのですが、さぞ痛いだろうと怖くてドキドキしましたが、歯がだんだん綺麗になっていく嬉しさの方が勝っていました。

(因みに、親知らずの抜歯をしたのは北参道の土井デンタルクリニックですが、ほぼ痛みを感じず腫れもしなかったのでおすすめです!私は歯茎に埋まっているタイプの親知らずでしたが、手早く綺麗に抜歯してもらえました。)
スターホワイトニング
わたしは顎が細くて歯が並びきらずガタガタになっていたので、上下の左右4番目の歯も抜いたのですが、その結果とても綺麗に並んでくれたので大満足です。

しかも、矯正を始めてから2回も長期留学に行ったのですが、留学中にワイヤーや器具が外れることも一度もなく、一時帰国の際はしっかり対応してもらえました。

そして、約4年間上顎に入ってたボルトもワイヤーも全部取って、超スッキリしました。不思議と、歯がとっても薄く感じる!

tokyo-jingumae-orthodontics-omotesando

今後はリテーナーという透明のカバーをつけて、歯並びが元に戻らないように保定をしながら、ホワイトニングもしていこうと思います。

綺麗な歯になって大満足!!神宮前矯正歯科さん、ありがとうございました。

神宮前矯正歯科HP

それではまた次の記事でお会いしましょう!See you soon!

Lindsay.

Pocket

コメントを残す